FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚譜 ボラ

ボラ_resize1

小学生の4、5年だったか、父と一緒に初めて釣りに行ったのは福井県の三方五湖だった。

夜になって、ホテルの裏の、汽水湖の沖に向かって伸びる桟橋の先から、はぜを狙って2人で1本の竿を出した。父の会社の村田さんに教えてもらって、マンションの下の駐車場で仕掛けを投げる練習をした、確か2.1mとか2.4mほどの短い投げ竿だった。桟橋の先に並んでしゃがんでいる父と自分の姿を、ホテルの部屋の窓から見下ろす今のわたし。そして記憶の中の自分は、その桟橋の先からオレンジ色の光が滲むホテルの窓々を見上げて、父とどれくらいの人が泊まってるんやろなあ、などと話している。

その夜はまったく釣れず、翌朝になって漁港へサビキ釣りをしに行った。そこで釣れたのが柳の葉のように薄い15cmほどのサバと、ころんと太くて丸い頭をした5cmほどのボラの子だった。頭を振って水面をぐいぐい泳ぐ姿が、岸壁からよく見えていた。

いつも小物狙いの父との釣りで、唯一ボラは狙わなくとも時おり大物が釣れたけれど、ただ重いばかりで嬉しい獲物ではなかった。棍棒のような頭と、硬くて大きな半透明のうろこ。当時はただ鈍臭い感じの魚やな、ぐらいにしか思っていなかったけれど、絵に描いてみると案外美しい。胴の太さやうろこの大きさがどこか淡水魚らしく、鯉を思わせる気品がある。そして冒頭の三方五湖でのことを思い出し、今更ながらボラもいいものだ、と思った。



Trackback

Trackback URL
http://kuronyu.blog93.fc2.com/tb.php/259-939087ce

Comment

Comment Form
公開設定

archive
title list

全ての記事を表示する

link
category
visitors
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。