FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の利益と心を啜り取る

高い、遅い、高い、遅い。確かに。
よく考えてもらってるんだけど…と言われつつコンペは採用されず、
お客さんに特に感謝していただいたような記憶もなく、
成果物の効果測定をするでもなく、納品後どうなったかも知らず、
そういう居心地の悪い仕事を続けているうちに本格的に仕事が憂鬱になってきた。

今日、自分に追い打ちをかけてしまった。
印刷の協力会社さんにお願いした値引き。
本当は、引いてもらわなくたってそのまま進行できた。
それを、持って回った言い方でいやらしくも値下げを強要し、
(あんなのはもはや強要と言っていい)
営業の彼女が得るはずだった利益を啜り取った。

労働力、利益、そして何より心。
人のそれらをむさぼっておれは稼いでいる。
お客さんに高い、と言われた時のなんとも言えないむなしい気持ち。
そうかそうか、おれの仕事にはそんなにも価値がないのか、
たった5万も出し惜しみたくなるほどに。
その気持ちを、協力会社さんにそのままひっかけて利益をかこっている。
自分が感じた空しさに「遣り場がある」ことの怖さ、
人の利益と心を、おれは啜り取っている。

お金は心と結びついている。
それが悪いとか、資本制経済がどうこうとか、そんなことを言いたいのではなく、
ただお金を(お金ですらなく、ただexcel上で数字を)あれこれ触るだけで
人の利益と心を搾取することに、もうほとほと疲れてしまった。

何にも力のないおれのような営業にできるのはせいぜいそんなところだ。
そんな醜いやり方でしか社会と関われないとは。



Trackback

Trackback URL
http://kuronyu.blog93.fc2.com/tb.php/294-e975ab38

Comment

Comment Form
公開設定

archive
title list

全ての記事を表示する

link
category
visitors
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。