FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日のこと

ykさんにいいですよ、と教えてもらった四谷三丁目の小さな個人病院へ花粉症の薬を貰いにいくことにする。ネットで調べると午後の診察受付は14時30分からだったので、13時45分頃に会社を出て歩く。14時頃、病院近くの中華料理屋に入り、ランチBセットを食べる。担々麺と半チャアハン。
その後、iPhoneのマップを頼りに病院をさがすが、近くまで来ているもののどうしても見つけられず、病院に電話。ようやく場所がわかって、14時35分頃病院に入る。受付で必要事項記入。
待合室には近所の人らしきおばあさん2人。長椅子に座って、『だいくとおにろく』『めっきらもっきらどおんどん』を読み、本を戻してコートを着たまま背もたれに凭れて目をつぶっている。すると、ミシミシと揺れ。
腰をあげようかどうしようかと迷っているうちに、ゆっくりとした大きな横揺れに。大きい大きい、という緊迫した声と、悲鳴をあげてうずくまるおばあさん、それを抱きかかえる看護婦さん。奥から院長先生が素早く出てきて、総ガラスの自動ドアを手動に切り替えて開ける。その自動ドアが揺れでゆっくりと小刻みに震えながら横滑りしている。
揺れは一向におさまらない。どうしているのが一番いいのかわからない。その場で少ししゃがむ。そうしているうちにようやく揺れがおさまった。小さな待合室が少し落ち着きを取り戻す。すぐにまた余震。
看護婦さんが危ないから、と壁掛け時計を床におろす。院長先生が慌ただしく奥から出てきて、ちょっと診察できる状態じゃなくなっちゃった、パソコンも切れちゃったし、と言って、おれの顔を見てあなたは大丈夫?なんで来たの?と言う。いや、花粉症です、と少し笑って答えると、先生もなんだ花粉症か、と笑って、じゃあ薬だけ出しとこうか?これまでに何か飲んでた?目薬は?しみるのがいい、しみないのがいい?などと聞いてくれる。「リボスチンの後発薬だな」みたいな先生の声が奥から聞こえて、飲み薬と目薬をもらう。1800円くらい。待ってる間にiPhoneで調べると、宮城で震度7とのこと。
病院を出て、新宿通りを四ッ谷の方向に戻る。歩道が建物から出てきた人でいっぱいになっている。非常ベルがなっていたり救急車の音がしていたり、人々のざわめきで街全体の雰囲気が一変していた。号泣している女の子がいる。建物と歩道の際のところがひび割れて落ち込んでいる。四ッ谷駅の前まで来たところでまた大きな余震。電話ボックスに長い列ができている。携帯電話が通じない。
会社に戻ると、半分ぐらいの人が外に出てきている。しばらくその場でなんとなく様子見。余震が繰り返しおこって、電線が大きく揺れている。本震のときは黒入道の机周りがいちばんひどいことになってたで、と言われる。数十分建って、建物の中に戻ることにした。
みなでテレビを見ていると、信じられない津波の映像。真っ黒な水が家を押し流し、ビニールハウスを吹き飛ばし、必死に逃げる車に迫っている。あの車の中の状況を思うと見ていられない。
少し残っていた仕事をして、池袋住みのatさんと一緒に歩いて帰ることに。おそらく電車は復旧しないか、してもひどい混み様になるだろうから。5時、リュックサックを背負って会社を出る。出際にスーさんがほい、途中で、とキットカットをくれる。
同じように歩いて帰る人で街はいっぱい。神楽坂のメゾンカイザーでパンを買う。急な人通りで、店は混んでいた。レジのおばさんがいかにも慣れていない感じで、ひとつひとつパンの名前を口に出して確認しながら一生懸命ボタンを押している。ぐんにゃりとやわらかいパンを、トングでなかなかつかむことができなくて焦っている。難しいですよねそれ、ぐにゃぐにゃしてて、と話しかけると、おばさんは申し訳なさそうにすみません、普段はレジに立たないものですから…と言う。確かに、服装はパンを作る人のそれだ。ああ、大変ですね今日は急に忙しくなったから、と言うと、歩いて帰られるんですか?と聞くので、そうです板橋まで、と答えると、それは大変ですね、じゃあ帰りながら召し上がってください、と言ってくれる。ここのパン初めてなんですよ、だからすごく楽しみです、と言って店を出てくる。
あとは延々atさんと歩き。池袋まで来たら自転車貸すぞ、と言ってくれるので、ありがたく甘えることにする。おかげで池袋からの道のりはあっという間だった。歩道が人でいっぱいなので、車道をそろそろと走る。車道も車で大混雑。途中のコンビニでチョコレートや水やインスタントラーメンや歌舞伎揚げなんかを買う。今思えば、ものは豊富にあった。数日経って、都民は買いだめに焦りはじめた感じ。
結局8時20分頃に帰り着く。メゾンカイザーのパンは確かに、おいしかった。atさんにメールすると、彼らしい素っ気ない言葉で無事に着いてよかったということと、まだ揺れてるから逃げられるようにしておく方がいい、ということを言ってくれる。考えてみたら仕事以外のメールをするのは初めてだった。





Trackback

Trackback URL
http://kuronyu.blog93.fc2.com/tb.php/301-7c259d8d

Comment

fumakira | URL | 2011.04.10 22:44
メゾンカイザーはミッドタウンにもあるんだけど、あれはおいしいよね。と、本筋から離れた話を。
Comment Form
公開設定

archive
title list

全ての記事を表示する

link
category
visitors
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。