FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジアトリガー

nostalgiatrigger

ここ最近、石垣島は梅雨入りしているとは思えないカラリとした晴天が続いている。

今朝は久しぶりに重い曇り空とともに夜が明け、しばらくはドウという風が吹き荒れた。
陽が昇るにつれ、雲は空の隅へと押しやられて今日も青空が勢力を広げてきた。

今日はどうしたわけか、子どもの頃の夏休みを思い出す。
湿度を含みつつも心地よく涼しい風と、陽の光のコントラストが、ちょうどクーラーのかかった寝室のカーテン越しの光を思い出させるのかもしれない。平野の、もう今は誰か他の家族が住んでいるあのマンションの一室。

郷愁にひたっていると、フと母に図書館へ連れて行ってもらった記憶が蘇った。
あれはどこの図書館だったのか覚えていないけれど、確かいつもの図書館とは少し違う、車で行った大きめの図書館だったような気がする。
国語の授業で一話だけ読んでいたブラックジャックの単行本と、鳴く虫の図鑑(大人向けの専門書)を借りた。我が家は漫画には縁遠かったから(禁じられていたわけではないけれど、よしともされていなかった。姉などは禁じられていたのかもしれない)、マジメな図書館に漫画があるということが新鮮だったし、嬉しかった。

鳴く虫の専門書は面白くて、せいぜいシバスズとマダラスズしかいないと思っていた〇〇スズと呼ばれる小さなコオロギに、いろんな種類がいることを知った。クマスズ、ヤチスズ、ヒゲシロスズ… またしばらく、ビニール袋を持って夜の草地に這いつくばる日が続いた。あれは今、干潮のたびに海へ出てハタの仲間をコレクションするワクワクと何も変わらない。やっぱり、小学生の頃の自分がすべての原型なのだ。

そして、そうやって原型を形作ってくれた親に本当に感謝している。


 

Trackback

Trackback URL
http://kuronyu.blog93.fc2.com/tb.php/383-a565bc4c

Comment

Comment Form
公開設定

archive
title list

全ての記事を表示する

link
category
visitors
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。